女性ホルモンを補うエクオールサプリメント

大豆イソフラボンはそのままじゃ女性ホルモンの働きをしないってことがわかって、大豆イソフラボンが体の中の腸内細菌と結びついてエクオールという物質が作られるのですが、そのエクオールこそが女性ホルモンにとても似た働きをするっていうことが最近わかりました。

学会でもすごく取り上げられてるようで、更年期症状の対策にもなると噂されてます。

エクオールは今女性にとってすごく注目されてるんですね。

エクオールのサプリメントも売られてます。すごい人気で注文が殺到してるらしいです。

でも最近のことなので国内ではまだ2つだけなんですね。それぞれを比較してみた表を作ってみました。

商品名 「エクオール+ラクトビオン酸」 「エクエル」
画像 advance otuska
内容 90粒(1日3粒、30日分) 112粒(1日4粒、28日分)
成分量 エクオール10mg
ラクトビオン酸150mg
S_エクオール10.0mg
価格 6,480円
定期購入:5,832円
4,320円
定期購入:4,104円
原材料 ビール酵母 / ラクトビオン酸含有乳糖発酵物 / 大豆胚芽抽出発酵物 / HPMC / カラメル色素 (原材料の一部に乳、大豆由来原料を含む) 大豆胚芽発酵物/ぶどう糖 / セルロース / HPMC / 着色料(酸化チタン、カラメル) / タルク / ステアリン酸Ca
販売会社 Advaced Medical Care
エクオール研究の専門医である女医さんと共同開発。2014年エクオール研究にて学会奨励賞を受賞しています。
大塚製薬
ポカリスエットなどで知名度の高い会社。エクオールについて18年間研究しつくりあげたのが「エクエル」
口コミ ★★★★★ ★★★★☆
通販サイト Advaced Medical Careの「エクオール+ラクトビオン酸」 エクエル

 

個人的に口コミを調べてみたのですが、Advaced Medical Careの「エクオール+ラクトビオン酸」のほうが人気ですね。実際に飲んでみて効果があったという人がとても多いです。

Advaced Medical Careの「エクオール+ラクトビオン酸」のほうは、大塚製薬の「エクエル」と違って、エクオールだけでなく、ラクトビオン酸が配合されてるんですね。

ラクトビオン酸はエクオールの産生率をアップさせてくれるのと、カルシウムの吸収を高めてくれる効果があるんですね。なのでこちらのほうがより効果を実感しやすいのかなって思います。

大塚製薬は知名度も高くその点では安心なのですが、個人的に、原材料に含まれている成分の「タルク」が気になりました。

タルクは以前アスベストが含まれていたという例があって、ちょっと心配されてましたよね。

タルクっていうのは鉱物の一種で物質同士を滑らかに混ぜ合わせるときなどに使われる原料だそうです。

もちろんそれ(アスベストが入ってるという例)以来、安全面に気を配られてますので今ではさほど心配はいらないのかもしれないんですが、わざわざ「タルクフリー」と書かれている化粧品なんかもありますし、ネットでタルクを調べてみると賛否両論さまざまな記事が飛び交ってますので、それらに振り回されるくらいなら入ってないに越したことはないのかなぁ~なんて思うわけで。

私個人としては、やっぱり1粒あたりのエクオールの含有量も多く、エクオールの再生率も高めるラクトビオン酸も含まれててさらに原料的にも不安がないという意味で、Advanced Medical careさんのサプリを選びますね。

実際に効果が感じられたという口コミも多いです。

バストアップサプリっていううたい文句ではないので、あくまで女性ホルモンを増やしたい!っていう人におすすめのサプリですね
(→追記:バストアップに効果ありました!私の体験談はこちらです→

エクオールサプリでお肌の弾力やハリも期待できるっていうことなので、女性ホルモンをなんとか補いたい!っていう人は試してみるといいと思います^^

 

公式ホームページはこちらです↓
Advaced Medical Careの「エクオール+ラクトビオン酸」

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。